学校教育TOP
プログラム例
受講者の声1
受講者の声2
受講をお考えの方
導入をお考えの方

■インプロ・ワークショップ受講者の声 その2

 
受講者の声 ★★★
インプロスキルを教室応用〜子供たちに「ごめんね」と言えるようになった 公立小学校教諭
養護学校の現場から〜子供たちのもつエネルギーを大切にできた 養護学校教諭
 一母親として、一子どもと関わる人間として・・・ 学校関係者より
言葉の表現の大切さを知りました 私立校教諭
  自分のこちこち頭に気づいた 教育管理職
受講者の声  その2 ★★★
体験会のアンケートより 〜2005年TPLUS!から  ★体験会参加者★
ワークショップ実施後の声(1)  ★児童・青少年★
ワークショップ実施後の声(2)  ★保護者・教員★
親子インプロ(2005.7) ★アルバム★

インプロEDU報告では、最新のワークショップ情報・画像・感想などをレポートしております。

【インプロ・ワークショップ体験会アンケートより】
〜2005年TPLUS!から〜

 円になり、一文節ずつ言葉をつなぎ、皆で物語を作ったゲームで、自分にはない発想が次々と出てくることにワクワクした。もう少し、インプロを体験し、生徒にも提供したい。

 普段あまりジェスチャーで何かを伝える事がないので、言葉なしで相手と共通点を見つけることは難しかった。わが子との関係作りのワークとして、親向けのワークショップが出来たらと思った。

 私はナイフとフォークというゲームがとても印象的でした。絶対的に相手の行動を受け入れることが、どういうものか少し分かった気がします。とても貴重な体験をさせていただきました。

 LEADERとREADER、どちらかに固定されるのではなく、状況に応じてどちらの役割もやってみる事が大事だと言った講師の言葉が印象に残った。今後のコミュニケーションの中で活かしたい。また、イエスアンドの感覚で、新しいアイデアを創造していきたい。

 短い時間にたくさんの体験・要素が詰っていましたが、終わったあと、とても明るい気持ちになっていました。"教育"という言葉を離れて、自分自身が楽しい体験をすることも大切だと思いました。

【ワークショップ実施後の声(1)】〜児童・青少年〜

「インプロがくれたもの」(キッズクラス)〜東京インプロフェスティバル2012より〜

・個性を認め合うことの大切さ
・積極的になったこと
・自分から出てくる勇気
・将来の夢
・自分で考えること
・ウィンクキラーの成功!
・楽しさ
・元気

「インプロをやってみて必要だったこと」〜都内小学校実施後の声〜
 
・想像力
・夢と希望を持つこと
・協力・友達を助けること
・コミュニケーション

「やってみて思ったこと」〜全3回実施の小学校〜 

■1回目終了後
・協力すれば,何だってできる。
・恥ずかしがらずにまずやってみることが大事。
・ノリが大事!
・協力してみて、もっとみんなと仲良くなりたいと思った。
・まだこのクラスになったばかりだけど、今日でみんなと仲良くなれた。
・コミュニケーションって難しいと思っていたけど、こうやってやってみると面白かった。
■2回目終了後
・相手を思いやることが大事。
・それぞれが考えていることが違うので、相手がやりやすいように伝えることが大事。
・周りをよく見ることが必要だった。
・楽しむことって大切だと思った。
・インプロには発想することが大事。
■3回目終了後
・協力、発想、自分から動くことだ大切。
・一緒に何かを創れば、みんな仲良くなれる。
・1人より人数がいた方が素晴らしいものになる。 
・信じること、協力し合うこと、コミュニケーションって1人じゃできない。
・友達って大切。
・クラスのみんなに信頼ができた。
・自分のテンションをあげると楽しくなれる。
・相手と通じ合えた。
・相手のことを想像することが大切。

 中・高校生の声
・ひとつのものを皆で創って、出来上がったとき、クラスの一体感を感じた。
・はじめ自分が何をしたらいいか分からなかったけど、皆が動いて組み上がっていったのを見て、自分が何をしたいのかが分かった。
・1人だけがメインではなく、皆がメインで楽しかった。
・自分のコミュニケーションでの得意不得意に気づけた。
・皆でひとつのことをやるとき,相手のことを思いやることが大切だと思った。一緒にいる人が何をしたいのか、考えられるようになるとうまくいく。
・みんな色々なアイデアを持っていて面白いと思った。
・今までの自分はなかなか意見を言えなかった。同感して頷くだけ。自分の意見を言わずにイエスだけだった自分に気づいて、言うことの大切さを知った。
・自分が思っていることと伝わっていることが違うんだと思った。伝わり方はそれぞれ違うので、伝え方を極めたいのと、もし違って伝わってもそれを面白がれるようになりたい。
・人のことを今まで否定していた。でも、受け入れていくと繋がっていくんだと思った。これからは色々な受け入れ方に挑戦したい。
・言葉以外でもいっぱい伝わっていると思った。
・家で、「どうして分かってくれないの!!」って家族に対して思っている自分がいたけど、人の考えていることは違って当たり前なんだと思った。人はそれぞれ違うということを自分で受け止めた上で、色々な人とコミュニケーションをとっていきたい。 

【ワークショップ実施後の声(2)】〜保護者・教員〜

〜特別支援学校教員研修会より〜

・普段、子ども達は色々な反応をしてくる。果たして、自分はその反応に対して、アンドで返してあげているだろうか・・・と自分を考えさせられた。これからは、彼らの反応に対して、きちんと返していきたい。
・相手のアイデアを受け入れることは大事だと言うことは分かっていたが、今までの自分は斜に構えていたと思った。「相手のアイデアを受け入れる」と宣言をし、その通りにやってみたら、今まで自分が相手のアイデアを受け止めていたと思っていた感覚と違い、今までいかに相手のアイデアを受け入れてなかったんだと過去のことがやりながらどんどんとフラッシュバックされてきた。今日から自分は変わり、まずは相手を受け入れていきたい。
・生徒と先生という関係の中で、今まで、Leader と Reader の関係が常に私がLで生徒がRになっていた。生徒達がLになる場面もあるはずなのに、自分は今まで彼らにその場を与えてきただろうかと思った。
・「まずやってみる」という姿勢が、自分にとても響いた。教育現場では、どうしても失敗を恐れる風潮があり、自分もその1人。今回の「まずやってみる」という気持ちを、そのまま取り入れられるかまだ分からないが、とても気持ちよかったことは間違いない。
・自分は障害を持つ児童に教えているが、どこかで「伝わることがない」と思っている部分が自分の中にあったことに、今日の研修を通して気づいた。これからは、身振り手振りでも何でも交えて、もっと伝えることを心がけたい。

〜地域活動(役員)〜
・子ども達と一緒に参加してみて、今の子ども達の感覚が分かった。
・子ども達それぞれがきちんと意見を持っていることを感じ取ることができ、安心した。
・今まで、長年この活動をやってきて、どんなことでも上から目線だった。今回も「見学でもしましょう」と上から目線で参加してみたら、やってみると脳が動かず、ついていけていない自分がいた。今まで自分は、私が一番と思って、活動を30年続けてきたが、それは良くないことだと感じた。私の言うことをいいていれば大丈夫、間違いないと皆にいい、そういう関わりをしてきたが、それではいけないとこの年で初めて気づきました。
・子ども達と新しいコミュニケーションのやりとりができ、今日は温かい気持ちで帰れます。

PTA主催〜小学校・親子ワークショップ(保護者)〜 

・子どもを信じてあげることが大切なのだと気づかされました。
・子どもの発想は、こんな仁摩で豊かなのだということに気づくことができました。
・アイコンタクトは簡単で、日常できちんとしていると思っていましたが、今日、子どもとインプロを通してしっかり関わってみたら、アイコンタクトを日常であまりしていなかったことに気づきました。
・ついつい子どもがやろうとするその前に手を出してしまいますが、先生に言われて今日は耐えてみました。子どもが自ら動き出す姿を見ることができ、胸が熱くなりました。

■親子インプロ (2005.7)アルバム


【お母様方のコメントより】
 ・普段、ついつい否定の視点で受け止めてしまう自分がいることを、今日インプロをやってみて気づきました。

 ・言葉の大切さを感じました。
 ・他の人の意見を肯定的に受け止める楽しさを知りました。皆がそうなれたら楽しいんだろうなあと思いました。他のお母さん達にも広げたいと思いました。

 ・体と言葉で表現することの難しさを感じました。

 ・子育てって、家庭内での小さなお芝居の世界だと思います。何が起こっているかそれにどうやって関わっていくか感じることが必要だと思います。そういった意味でもこういうワークに参加することは大事ですね。お母さんは、役者でそのストーリーを導くために大事な役割をもっていると思いました。

▲戻る


■インプロジャパンは第17・18回 全国生涯学習フェスティバル『まなびピア』に 参加事業団体として「インプロワークショップ」を出展いたしました。詳細:こちら










NEXT

※研修担当者様に、資料をさしあげております。
こちらからお申し込み下さい。

インプロジャパンでは、インプロ ・トレーニングを
学校教育・社員研修・生涯教育等の場に広げています。


http://www.improjapan.co.jp/
info@improjapan.co.jp
Copyright Impro Japan.
All Rights Reserved.